FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

てるてるぼうずのひとりごと「あした天気になあれ」

神戸市北区にある「はりきゅう専門治療院 てるてるぼうず」院長のひとりごと。  不妊治療・めまい・不眠をはじめとする自律神経失調疾患を得意としています。体のこと、毎日のたわいもないこと、感じたまま書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

泥棒さん 

先日雨の日洗濯ものを取り込んでくださる神ご近所さんのお話をしました。

それで、思い出したのですが、私の実家に昔よく出ていたドロボーさんのお話です。

実家のドロボーさん、家を建て替えてからは今はもう来られなくなくなりましたが(笑)、昔はドロボーの恐怖を忘れた頃にうまい事ほんと、よく入ってこられていました。

怖い

でもですね、そのどろぼーさん、ちょっと変わっていたんです。

まあ、よくドロボー業の方はそのお宅でうんちを残して帰るというのは有名な話。

我が家のドロボーさんもそう。

小さいころはよく親に「こら!じゅんこ!トイレ流してない!!」と怒られ濡れ衣を着せられたものです。

私、「あれ~?うんち今日したっけな?」と私も私でおとぼけ。

そしたら、その後いろいろ家の中で無くなっているもの出始め、後になってドロボーと分かるといった事数回。

私にとってはとんだ迷惑な話です。

でもですね、そのドロボーさん、(同一かどうかは不明ですが)我が家が仕事で帰り遅い事を知っているので、洗濯物を取り込んで行ってくれるんです。

我が家の生活時間を熟知していた余裕の犯行ですね。

おまけに常に居間に血圧計がおいてあるのですが、それで血圧を測っても行くこともあったんですよ。

測った時間が記録に残るんですが、絶対私たち誰もいない時間帯に、父や母の血圧とは違った低い血圧の人物。

でも異様に脈拍は早い(笑)データが残っていたことあります。

ほんとよく入られる家だったので、まだまだドロボーエピソードはありますが、洗濯物取り入れてくださるご近所さんのお話を書いていたらふと昔のドロボーさんの事を思い出しました。

危険な思いは一度もしたことなかったからこうやって笑い話の様にかけますが、、でもよく考えるとめっちゃ怖いお話です。

気を付けましょう。

Posted on 2017/08/29 Tue. 13:46 [edit]

category: 独り言

TB: --    CM: --

29

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。