FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

てるてるぼうずのひとりごと「あした天気になあれ」

神戸市北区にある「はりきゅう専門治療院 てるてるぼうず」院長のひとりごと。  不妊治療・めまい・不眠をはじめとする自律神経失調疾患を得意としています。体のこと、毎日のたわいもないこと、感じたまま書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

子供からのSOS 

子供さんの自律神経の乱れ、パニック症状が増えている様に感じます。


今年に入ってから小学生さんが3組も。


「朝起きなくっちゃと思っているけど、どうしても起きられない、頭がずしんずしん痛い、怖い(怖い怖いと言って突然泣き出す)、やる気はあるけどパワーが出ない、目の前急に真っ白になる」


これらは子供たちの言葉です。


「やる気はあるのに、体がどうにも動かない」なんて子供の発する言葉ではないですよね。


単に(その家族にとっては単にではすまないでしょうが)不登校や、いじめ・ストレスから、などと片づけられてしまっている場合がほとんどのようです。


でも本当にそうなのでしょうか?


どのお子さんも治療を始められてから回を重ねるごと見る見るうちに目の輝きがガラリと変わり、よい表情になっていきます。


そう考えるとただ気持ちの問題だけではないのではと考えざるをえないです。


いずれの訴えもよく想像してみると大人の症状と似ています。


例えば、


大人では満員電車や混んでるスーパーが怖い。


子供では学校の登校時間や休み時間になると怖い。


これら共通しているのは人の多いところです。


恐らく、人との距離感、目で行う補整がうまく行われていないのでしょう。


大人も子供も頭痛は、耳鼻咽喉科系に何等かのトラブルをかかえている場合が多いです。


大人のめまい、子供の目の前真っ白になるという訴えは、平衡感覚の失調です。


平衡感覚の失調とはめまいだけではなく、時に船酔いしている時と同じような症状を出します。想像してみてください。


船酔い時はやる気はあっても体がどうにも動かない。こんな感じではありませんか?


お子さんは怠けているのではないのです。


それぞれに対してきちんと治療してあげると、お子さんの場合反応力がとても良いので大人に比べ実に早い回復力を見せてくれます。


ただたんに不登校、ストレス、と片づけて長びかせていては本当の不登校になってしまいます。


子供のsosはどこからきているのか、ちょっと違う視点から見てあげる事も大切です。


Posted on 2013/03/14 Thu. 12:20 [edit]

category: 鍼灸(自律神経失調症)

TB: --    CM: --

14

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。